ニュースリリース

ユーテン・ネットワークス,高速のリアルタイム・ネットワーク監視システムの受注を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ユーテン・ネットワークス(株)は,1Gbpsで流れる高速ネットワークのパケットを取り込みリアルタイムで解析/表示できる「リアルタイム・ネットワーク監視システム」の受注を開始した。

同システムの基本コンセプトは,通信運用のトラフィックのリアルタイム可視化・管理機能をもたらす,コストパフォーマンスの高い通信完成システムを提供すること。従来のネットワーク監視は5分単位でトラフィックを計測する手法が一般的であるのに対し,「リアルタイム・ネットワーク監視システム」は秒単位でトラフィック情報の収集/解析/可視化を実現する。これにより,障害対応時間を大幅に短縮し,サービスの運用効率を向上することができる。

同システムに含まれる製品は以下の通り。

GigaFlow Manager
トラックのフロー情報を収集し,リアルタイムに統計情報をWeb GUIに可視化するアプライアンスサーバ。標準価格は600万円~。
GigaStorage Manager
複数の計測ポイントから全キャプチャパケットデータを収集し,プロトコル別に検索機能を提供するアプライアンスサーバ。標準価格は550万円~。

また,「リアルタイム・ネットワーク監視システム」を実現するためのキーデバイスであるGigaPcapの第2世代となる「GigaPcap V2」(標準価格160万円)も同時に発売される。

ユーテン・ネットワークス
URLhttp://www.u10networks.com/

コメント

コメントの記入