ニュースリリース

仮想化技術を用いたITインフラ最適化ソリューションを,新日鉄ソリューションズ,日本オラクル,デルが共同で提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

新日鉄ソリューションズ(株),日本オラクル(株),デル(株)の3社は5月21日,都内で記者発表を行った。

3社はITコスト削減,運用効率の向上,変化への対応力強化といった顧客の課題を解決するため,仮想化技術を用いたITインフラ最適化ソリューションを,2008年6月2日より共同で提供開始するという。発表の中で3社は仮想化技術にまつわる問題を以下のように説明した。

「近年,仮想化技術は,次世代ITインフラのキーテクノロジーとして非常に注目されている。しかしながら,ベンダ保証や価格の問題から部分的な利用に留まり,企業は仮想化のメリットを最大限享受できていなかった。」

そこで今回,3社は2008年3月より日本でも提供が開始されたサーバ仮想化製品「Oracle VM」を軸に,サーバ・ストレージに加え,データベース,ミドルウェアも含むITインフラ全体を仮想化の対象としたITインフラ最適化ソリューションを顧客に提供することになった。

第一弾として,ベンダによる動作保証を受けた構成による実証済みソリューションパッケージ(2000万円~)を開発・検証環境向けに提供するとともに,顧客ニーズに応じて,既存環境のアセスメントサービス(300万円~)や,POC(Proof Of Concept)サービス(100万円~),エンジニアリングサービスなども提供していく。

さらに本年中には,本番環境適用可能なソリューションパッケージのリリースを予定。障害時の切り分け,ベンダーエスカレーションについては新日鉄ソリューションズが一次窓口となるため,運用面の負荷・リスクは大幅に軽減されるとしている。

記者発表の模様,左から,オラクル:三澤智光氏(製品戦力統括本部長),新日鉄:大城卓氏(ITエンジニアリング事業部長),デル:町田栄作氏(アドバンスド・システムズグループ本部本部長)

記者発表の模様

新日鉄ソリューションズ
URLhttp://www.ns-sol.co.jp
日本オラクル
URLhttp://www.oracle.com/lang/jp
デル
URLhttp://www1.jp.dell.com

コメント

コメントの記入