ニュースリリース

アット・ワイエムシー,レンタルサーバサービスでCentOS 5を提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)アット・ワイエムシーは,同社のレンタルサーバサービス「マネージドサーバー」および「カスタムサーバー」サービスにおいて利用可能なOSに「CentOS 5」を追加し,5月21日(水)より提供開始した。

また同時に,同サービスの導入を検討中のユーザを対象に実施している「15日間無料トライアル」でもCentOS 5が使用可能となっている。

CentOSはRed Hat社によって公開されているパッケージのソースコードを元に作られた,フリーの企業向けLinuxディストリビューション。「CentOS 5」は2007年リリースされたRed Hat Enterprise Linux 5(RHEL5)互換のディストリビューションで,RHEL5同様,カーネルをはじめとするコンポーネントの更新,仮想化環境の強化が実施されている。

今回同サービスにて提供するCentOS 5には,動作確認済みのPHP,Ruby,MySQL,PostgreSQLが標準でインストールされている。また,Tomcat 5.5にも対応しているので,Javaで作られたWebアプリケーションも利用できる。

なお同社では,CentOS 5提供開始後も従来の環境を引き続き利用したいユーザ向けに,前バージョンのCentOS 4のサービス提供を今後も継続する。

(株)アット・ワイエムシー
URLhttp://www.ymc.ne.jp/

コメント

コメントの記入