ニュースリリース

ハイパーギア,企業内検索ソフトに情報漏えい防止機能を追加した新製品を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)ハイパーギアは5月27日,住友電工情報システム(株)の企業内検索ソフト「QuickSolution Portal」に情報漏えい防止機能を追加した新製品「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の販売を開始することを発表した。

今回発売された「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」は,ハイパーギアの情報漏えい防止システム「HG/PscanSECURE」の技術を利用し,「QuickSolution Portal」に追加することで,社内のデータ検索において,ログイン管理やアクセス制御だけでは解決できない情報漏えいの危険性を軽減することができる。価格はPDFプロテクトとDRMプロテクト両方が可能な標準版が1,050,000円(税込),PDFプロテクトのみ可能なLite版が525,000円(税込)で提供される。

「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の特長は以下の通り。

検索画面の印刷禁止,テキストの切り取り&コピー禁止
ブラウザの印刷メニューや右ボタンメニュー,ソフトの編集メニューにあるカット&ペーストを禁止,さらにPrintScreenキーの操作などの実行を自動検出し,画面イメージの保存も禁止。検索結果の閲覧は可能だが,これにより印刷などによる2次流出を防止できる。
検索結果ファイルの持出禁止
検索で現れたWord/Excel/PDF等の文書ファイルを,閲覧は許可するが,編集や持出について制限をかけることができる。持出の制限方法はPDFプロテクトとDRMプロテクトの2種類があり,任意に選択可能。
検索対象ファイルをPDFに変換,クライアントのソフトを不要に
「QuickSolution Portal」の検索対象の電子文書ファイルをPDFに変換可能。PDFの検索結果をページ単位で表示することもできる。

なお,6月11日に「全文検索エンジン+セキュリティで文書管理を変える」と題された同製品の無料セミナーが東京御茶ノ水にて開催される予定。

(株)ハイパーギア
URLhttp://www.hypergear.com/

コメント

コメントの記入