ニュースリリース

ターボリナックス,新クライアントOS「Turbolinux Client 2008」発売-クライアントにおけるLinuxの利用の促進を目指す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ターボリナックス(株)は6月10日,同社のデスクトップOS「Turbolinux FUJI」の後継となる次期クライアントOS「Turbolinux Client 2008」を発表した。

Turbolinux Client 2008 Net User Package 9,800円(税込)

Turbolinux Client 2008 Net User Package 9,800円(税込)

同製品は,ディストリビューションのコアとなる基本システムにフランスMandrivaとの共同プロジェクトManbo-Labsで開発した「Manbo Core」を搭載。開発中はフランスにあるサーキット場にちなんで「Magny-Cours(マニクール)」というコードネームで呼ばれていた。

矢野広一 ターボリナックス代表取締役社長兼CEO 今回の製品を出す意義を「ターボリナックスとしてのコミットメントであり,我々にはもっと多くの人にLinuxに触れてもらう使命がある」とコメント。

矢野広一 ターボリナックス代表取締役社長兼CEO

Live CD対応となったのが大きな特徴で,インストールしなくても多くの機能を利用可能。インストールは,Live CDから起動後インストールツールにより行うことができ,HDDの他USBメモリなどにもインストールできる。

ユーザインターフェースも改良されており,「Compiz Fusion」を利用した3Dデスクトップも利用できる。また,同社のサーバOS「Turbolinux 11 Server」に搭載されていたセキュアOS「TOMOYO Linux」を搭載することで,セキュリティをさらに高めている。

TOMOYO Linux搭載の効果

TOMOYO Linux搭載の効果

モバイル端末での利用も想定されており,低消費電力化に対応しサスペンド/ハイバネーションなども安定した状態で利用できる他,タッチパネルによる操作にも対応している。

この他,ATOK X3 for Linuxやリコー製フォント,StarSuiteなどをはじめとするクライアントOSに必要なソフトウェアが収録されている。さらにニコニコ動画やYouTubeなどを簡単にダウンロードできる「コンテンツダウンローダー」などを含む人気アプリケーションを多数収録しているほか,商用パッケージはネットワーク経由でダウンロードが可能となっている。7年間のサポートサービス(3年間は無償)も付属。

発売は8月8日で,同社のオンラインショップなどで予約を受け付ける。動作環境や価格など詳細は製品情報ページを参照のこと。

なお,商用のソフトウェアなどを省いた「Live Edition」のパブリックベータ版が無償で公開されている。

Turbolinux Client 2008がインストールされた工人舎のモバイルノートPC。このような比較的スペックが低いPCでもストレスなく利用でき,タッチパネルによる操作も行えた。

Turbolinux Client 2008がインストールされた工人舎のモバイルノートPC。

ターボリナックス(株)
URLhttp://www.turbolinux.co.jp/

コメント

コメントの記入