ニュースリリース

キヤノンITソリューションズ,「ESET NOD32アンチウイルス」のライセンス製品を7月1日より販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

キヤノンITソリューションズ(株)は6月10日,ウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET NOD32アンチウィルス V3.0」の企業向け,教育機関向け,官公庁向け,スクールパックのライセンス製品の販売を2008年7月1日より開始することを発表した。

また,同製品の上位版「ESET Smart Security」のライセンス製品ラインアップに,官公庁向けライセンスが新たに追加される。

今回発売される「ESET NOD32アンチウィルス V3.0」ライセンス製品では,従来のコーポレートライセンスで提供していなかったクライアント管理ソフト「ESET リモートアドミニストレータ V2.0」を標準で同梱している。

同管理ソフトは企業内クライアントPCに対し,コンピュータ名やOS情報の取得,ウイルス定義データベースのバージョン取得情報,ログの収集,レポートの作成,設定状況の確認ができるほか,「ESET NOD32アンチウイルス」未導入のクライアントPCを検出する。

また,リモート操作により,ウイルス定義データベースの更新や「ESET NOD32アンチウイルス」のプッシュインストールも可能となっている。

なお,同製品には,Windows 98やWindows Meなどに対応した前バージョン「NOD32アンチウイルス V2.7」ライセンス製品が同梱されている。現在,NOD32アンチウイルスライセンスを利用しているユーザは,更新期間内であれば「ESET NOD32チンチウイルス V3.0」へ無償バージョンアップすることができる。

ESET NOD32アンチウィルス V3.0パッケージ

ESET NOD32アンチウィルス V3.0パッケージ

ESET NOD32アンチウィルス V3.0アップデート画面

ESET NOD32アンチウィルス V3.0アップデート画面

キヤノンITソリューションズ
URLhttp://canon-its.jp/

コメント

コメントの記入