ニュースリリース

Adobe AIRコンテスト結果発表 Grand Prixは大日本印刷 丸山真実氏の「Hito Fude AIR」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Adobeが展開する最新RIA技術「AIR」を題材にした,初のアプリケーション開発コンテスト「Adobe AIRコンテスト」が開催され,6月19日に品川クラブexにて授賞式が開催された。作品の応募期間は4月8日~6月6日の約2ヵ月で,この短期間の間に86の応募作品が集まった。今回のコンテストは,本誌連載でもおなじみの株式会社ワンパク 代表取締役 クリエイティブディレクター阿部淳也氏や本誌編集長 馮 富久の他,計10名の審査員が厳選なる審査を行い,各賞受賞作品を選定した。

ここでは,授賞式の模様を中心に,今回のコンテストの総括についてお届けする。

2008年,期待を集め続けるAIR

AIRは,コードネームApollo時代から,アプリケーション開発者やデザイナーを中心にインターネット上で議論されるなど,次世代RIA技術として期待されていたもので,2008年2月25日の1.0リリース後,一段と注目度が高まり,企業・個人問わずさまざまなアプリケーションが開発されている。

とくに注目したいのは,Webブラウザを越えて,ネイティブアプリケーションとして直接ネットワークと連携できる技術ということ。マウスを利用したドラッグ&ドロップや,ネットワークのオン/オフに応じた機能設定,OSレベルでのビジュアルデザインが行えるなど,開発者/デザイナー,どちらの視点からも可能性が広がった技術と言える。

授賞式当日は,授賞式直前に発表されたAIR 1.1の新機能について,アドビシステムズデペロッパーマーケティングスペシャリストの轟 啓介氏によるプレゼンテーションが行わた。AIR 1.1では,日本語をはじめとした複数言語への正式対応やLiveCycle Data Services ESやBlazeDSとのデータ連携強化などが行われているのが特徴。

また,その後のロードマップも発表され,2009年には,すでにベータ版が公開されているFlash Player 10の機能を実装した次期バージョンのAIRや,サーバサイドでの開発環境Flexの次期バージョンFlex 3.1のリリースが予定されているそうだ。

最後に,現在Adobeが展開するOpen Screen Projectについて紹介された。同プロジェクトは,PCや携帯電話,家電などすべてのスクリーン(表現の場)でFlashやAIRを表示させることを目的としたプロジェクトで,各ベンダと協力しながらオープンな仕様として展開することを目指しているもの。

Adobe RIA Roadmap

Adobe RIA Roadmap

活用の場はビジネスレイヤへも

今回の授賞式では,受賞作品の発表の前に,企業3社から,ビジネスユースでの活用事例が紹介された。

まず,アップフロンティア(株)の制作事例として,スクウェア・エニックス「SQUARE ENIX MEMBERS TV」と,日興アセットマネジメント「投信王ウィジェット」の2つが紹介された。どちらもFlashとFlexを併用して開発されたもので,画面表示やローカルファイルアクセスといった点でAIRを活用している。

続いて,富士通(株)より,同社内で使用されている「富士通スタンダードコンテンツ次世代フロントエンド」が紹介された。これは富士通が利用しているCMSのフロントエンドシステムで,WYSIWYGベースとなっており,ドラッグアンドドロップによる操作でのコンテンツ制作を実現している。すでに社内で利用されており,工数の大幅軽減やワークフローの効率化など,その効果が現れているとのこと。

最後に大日本印刷(株)による「クロスメディア制作支援ツール ~DTP データからケータイ HTML へ~」と題したプレゼンテーションにて,携帯電話向けサイト制作ツールが紹介された。

いずれのアプリケーションも,すでに実用化されており,AIRがビジネスユースで十分利用できる裏付けとなる発表だった。

また,コンテストを主催したアドビシステムズからはEdge now!の紹介が,また,新ブログの女王,タレントの中川翔子氏が,今回の授賞式に向けたビデオメッセージとともに,自身の公式コミュニティサイト「しょこ☆らんど」にて,AIRに対応した「しょこ☆らんどAIR」を提供することを発表した。

ビデオメッセージで登場した,タレントの中川翔子氏

ビデオメッセージで登場した,タレントの中川翔子氏

コメント

コメントの記入