ニュースリリース

iPhone等次世代携帯プラットフォーム向け技術開発・構築受託についてコントロールプラスとアシアルが協業

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

アシアル(株)とコントロールプラス(株)は,iPhoneに代表される次世代携帯プラットフォーム向けに,ソフトウェアの手法開発・提供における協業を発表した。

iPhone 3Gを皮切りに,Andoroid,Symbian OSをはじめとするスマートフォン向け次世代携帯プラットフォームに向けたソフトウェア開発のニーズがますます拡大している一方,洗練された機能とデザイン性を両立するための開発技術力が求められている。今回の協業により,アシアルの持つエンジニアリング力と,コントロールプラスの有するUI設計とデザイン技術を組み合わせることで,次世代携帯プラットフォーム向けソフト構築技術の確立を目指す。また,そのノウハウをもとに,iPhone向けソフトウェアの受託構築についても協力していく予定。

今回の発表に先立ち,iPhone 3GおよびiPod Touchで動作するソロバンソフト「Abacus」を両社が運営するWebサイトiPhone Labsにて公開,無償提供を開始している。同ソフトはiPhoneの特徴でもあるマルチタッチ,加速度センサー,デジタル表示,スキン変更機能が実装されており,iPod Touchでも利用することが可能。

アシアル(株)
URLhttp://www.asial.co.jp/
コントロールプラス(株)
URLhttp://www.ctrl-plus.jp/

コメント

コメントの記入