ニュースリリース

9Arrows LLC,WBSベースでRubyやAjax活用の国産タスク共有システムをオープンソースとして公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

9Arrows LLCは9月9日,RubyやAjaxなどの最新技術を活用したタスク共有システム「9Arrows」をオープンソースソフトウェアとして無償公開することを発表した。

同システムは,ExtJS,Ruby on Rails,Flex,AIRなどの最新技術が投入されたタスク共有システム。タスクをWBS(Work Breakdown Structure:作業分解図)として共有することにより,プロジェクトを円滑に進める仕組みを提供する。なお,Rubyで作成されたタスク共有システムとしては,国内初のオープンソース公開となる。

同ソフトは9Arrows LLCの公式サイトよりダウンロードでき,営利・学術など目的を問わずに無償で利用することが可能となっている。また,同サイトではASP版の9Arrowsも同時に提供しているほか,開発コミュニティへの参加も募集している。

「9Arrows」の対応環境は以下のとおり。

OS:
不問(Windows,Linux,Mac OS X等)
言語:
Ruby on Rails 2.0以上が動作する環境
ブラウザ:
Internet Explorer 6以上,FireFox 2.0以上,Google Chrome,Safari
データベース:
PostgreSQL 8.2以上
その他:
Adobe AIR 1.1
9Arrows LLC公式サイト
URLhttp://9arrows.com/

コメント

コメントの記入