ニュースリリース

2009年東京にてアジア初の大規模なLinuxカーネル開発者会議「Kernel Summit」および「Tokyo Linux Symposium」を開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linuxの成長促進に取り組む非営利団体The Linux Foundation(LF)は,Linuxカーネルの主要開発者会議である「Kernel Summit」を,2009年10月に東京で開催する。北米以外での開催は2007年の英国に次ぐもの。

同時に,日本で定期開催している「Linux Foundation Japan Symposium」を拡大し,「Linux Foundation Tokyo Linux Symposium」として開催,Linuxカーネルの主要開発者とアジア地域の開発者が技術的な議論を行う。

「Kernel Summit」は,Linus Torvalds 氏をはじめLinuxカーネルの主要な開発者が結集し,開発の課題や今後の方向性について議論する招待制の会議。2006年までは,毎年カナダのオタワで開催されていたが,2007年から各国を巡回することになり,2007年は英国ケンブリッジ,2008年(9月)は米国ポートランドにて開催された。

第9回目となる来年は,英語圏以外からもより多く開発者が開発コミュニティへ参画できるようにすることを目指し,東京での開催が決定された。

この第9回「Kernel Summit」に世界のLinuxカーネル開発者が集まる機会を活かし「Linux Foundation Tokyo Linux Symposium」を同時開催する。これは,日本のソフトウェア技術者が,Linux/OSS技術の最新動向を入手し,オープンソースの開発リーダーと対面で情報交換できる機会を提供するために開催してきた「Linux Foundation Japan Symposium」を発展拡大したもの。Linuxカーネル開発者などの基調講演,招待講演,論文審査を経た発表,チュートリアルなどを含むイベントとする計画となっている。

このほか,今後予定されているLinuxFoundationのイベントについてはLFのイベント情報ページを参照。

The Linux Foundation
URL:http://www.linux-foundation.jp/

コメント

コメントの記入