ニュースリリース

『Make』の世界を実際に体験できる! 「Make: Tokyo Meeting 02」開催!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

オライリー・ジャパン主催のイベント「Make: Tokyo Meeting」の第2回が,2008年11月8日に東京・多摩美術大学八王子キャンパスで開催される。

本イベントは,オライリー・ジャパン刊行のDIY,電子工作,サイエンス,アートを新しい切り口で紹介する雑誌『Make: Technology on Your Time日本語版』(Make日本語版)の世界観を背景としたもので,通称「Maker」たちの発表・交流の場として企画されている。本イベントは当日の展示のみにとどまらず,異なる技術を持った参加者同士が知り合うことによって,その後のコラボレーションにつなげるなど,これまでにない新しい形のモノ作りを触発していくことも目的にしている。

第1回は2008年4月に開催され,約30組の出展と600名を超える参加者を得て,大きな成功を収めた。今回は,前回の2倍の60組もの団体が出展。iPhoneを使ってコントロールするラジコンの展示・実演,初歩的な電子工作やサーキットベンディング(電気製品の改造)のワークショップなどのさまざまな参加型イベントや,Makerが自作したキットや作品の販売,電子工作系のパーツショップによる普段店頭では見られないようなパーツの販売・実演など,ユニークな内容となっている。

開催の詳しい内容はhttp://www.oreilly.co.jp/mtm02/またはhttp://jp.makezine.com/blog/で見ることができる。

日時2008年11月8日(土)10時30分~18時
参加費無料
会場多摩美術大学八王子キャンパス(芸術学棟ギャラリーおよびその周辺)
地図→http://www.tamabi.ac.jp/prof/hachioji.htm
主催株式会社オライリー・ジャパン
共催多摩美術大学情報デザイン学科

画像

コメント

コメントの記入