ニュースリリース

リネオソリューションズ,組込みLinux高速起動ソリューションのバージョンアップを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

リネオソリューションズ(株)は組込みLinuxの高速起動ソリューションの新バージョン「Warp!! 2」を発表。新機能の追加や対応CPUラインナップの強化などを行った。

今回追加された新機能は以下の通り。

  • 保存対象となるメモリサイズをさらに縮小
    スナップショットの保存対象メモリを32Mバイトから19Mバイトに圧縮(Armadillo-500の場合)
  • スナップショットの圧縮をサポート
    約1/2に圧縮可能(圧縮率はスナップショットデータに依存)
  • 複数のスナップショットのハンドリングをサポート

また,今回のバージョンアップで対応したCPUアーキテクチャは以下の通り。

ARMCortex-A8(OMAP3)/ARM1.1(i.MX31)/ARM9(TMS320DM355[DaVinci],AT91SAM9263)
SuperHSH-4/SH-4A/SH-4AL(SH7722)
Power ArchitecturePowerQUICC Ⅱ Pro(MPC8313E)
MIPSMIPS32R2(対応中)

なお,同製品は11月19日よりパシフィコ横浜で開催されるEmbedded Technology 2008(ET2008)にてデモ展示される予定。

リネオソリューションズ(株)
URL:http://www.lineo.co.jp

コメント

コメントの記入