ニュースリリース

キヤノンITソリューションズ,パフォーマンスを向上させたPOP型スパム対策アプライアンスの新版を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

キヤノンITソリューションズ(株)は11月4日,POP型スパムメール対策アプライアンス「SpamChecker」に,バックグラウンドでスパムメール検査を行うパフォーマンス向上機能「Smart Pre-Scan」を搭載した新版の販売/サポートを開始することを発表した。価格は50ユーザ25万円~。

「SpamChecker」は,トランスペアレントモード(透過モード)で動作することで,従来導入が困難だったSOHOや小規模企業でも導入が容易な製品。

今回発表された新バージョンの搭載された「Smart Pre-Scan」機能では,クライアントからのメール受信要求に含まれるアカウント情報を自動でキャッシュし,SpamChecker本体が定期的にメールサーバよりメールを受信,スパムメール検査を行う。そのため,クライアント側では随時検査が完了したメールを受信することが可能となる。

このため,メール受信時にリアルタイムでスパムメール検査を行っていた従来版と比較し,3倍以上のパフォーマンスを実現している(検査済みメール受信時/同社調べ)。また,あらかじめメールを受信する際に,メールサーバに対してメール削除要求を行わないため,SpamCheckerに障害が発生しても,メールを紛失することはない。

なお,今回の発表にともない,今年の12月26日までの期間限定で,50ユーザまで利用可能な「SpamChecker 50」を特別キャンペーン価格の19万8,000円で提供する。

POP型スパムメール対策アプライアンス「SpamChecker」

POP型スパムメール対策アプライアンス「SpamChecker」

キヤノンITソリューションズ(株)
URL:http://canon-its.co.jp/

コメント

コメントの記入