ニュースリリース

ソフィアシステムズ,JTAGエミュレータ/ライター機能を持つICEの新シリーズ「EJ-SCATT」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)ソフィアシステムズは,JTAGエミュレータとフラッシュライターのマルチ機能を併せ持つ開発ツールでICEの新シリーズ「EJ-SCATT」(イージェイ・スキャット)をリリースした。

同製品は,フル機能を持ったICE以外では,「UniSTAC」「EJ-Debug」に続く3世代目の製品で,従来,専用機として準備されていたJTAGエミュレータおよびフラッシュライターのハードウェアを汎用機に置き換え,CPU専用のデバッグソフトウェアやライターソフトウェアが本体から切り離された。ハードウェアを流用し,ソフトウェアの変更だけで他のCPU用として使用することができるため,コスト削減と高機能化を実現している。

各種CPU専用のデバッグソフトウェアとライターソフトウェアは,同社の「EJ-Debug」「EJ-Writer」の標準ソフトウェアであった「WATCHPOINT」のUI(ユーザインターフェース)を完全に踏襲し,「WATCHPOINT」の使用経験があれば,スムーズに「EJ-SCATT」を導入することができる。

また,ホストPCとはUSBで接続する。H70×W108×D17mmの小型化とUSBバスパワー動作は,フィールドでのメンテナンスを考慮に入れた設計で,筐体側面に衝撃に強いシリコングリップを採用したことで,万一の落下時にも対応されている。

PC接続イメージ

PC接続イメージ

同社は北米,アジア,欧州の主要各国に販売網を構築し,国内外での共通開発環境の構築を支援するという。

ソフィアシステムズ
http://www.sophia-systems.co.jp/

コメント

コメントの記入