ニュースリリース

アットマークテクノ,独自のパネルコンピュータを容易に開発できる「Armadillo-500 FX開発セット」を販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)アットマークテクノは,画面の付いた独自のパネルコンピュータを容易に開発できる組込みプラットフォーム「Armadillo-500 FX開発セット」を2008年10月31日より発売開始する。

Armadillo-500 FX開発セット

Armadillo-500 FX開発セット

組込み機器の処理能力が向上したことによって,昨今では画面の付いた組込み機器の利用場面が増えている。たとえば,カラオケリモコンやPOSハンディ端末などのポータブル機器から,コンビニエンスストアの情報端末やデジタル複合機,駐車場の精算機など多方面に広がっている。しかし携帯電話や携帯音楽プレーヤのように大量生産される機器とは異なり,これらの機器の開発には必ずしも多くの開発者,開発費,開発期間をかけられるわけではなく,機器の目的によっては,画面の向きや大きさやボタンの数,必要となるインタフェースの要求も多岐に及ぶ。

同製品は,このような多品種少量生産の開発時に最適な組込みプラットフォームで,高性能ARM11搭載のCPUモジュール「Armadillo-500」がベースとなっている。34×54mmの小型基板上にFreescale i.MX31,128MB DDR SDRAM,32MB FLASHメモリを高密度に集積し,280ピンのコネクタによって,安価な4層基板を使った拡張ができる。価格は,12万8,100 円(税込)。

また,同社では「Google Android」が公開された際に,Armadillo-500 FXの標準プラットフォームとして採用することを検討しているという。

アットマークテクノ
http://www.atmark-techno.com/

コメント

コメントの記入