ニュースリリース

コベリティ,ソフトウェアのバグや脆弱性を視覚化するアーキテクチャ解析ツールを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

コベリティ日本支社は11月17日,コードの複雑さと依存関係を解析し,クラッシュを引き起こす原因となる欠陥やセキュリティの脆弱性を視覚化し解析するCoverity Architecture Analyzerの日本国内での販売開始を発表した。

同製品には静的解析ソリューションCoverity Preventが組み込まれており,C/C++ およびJavaソースコード上で階層と依存関係を自動的にマッピング,可視化と制御によって潜在的な欠陥を検出し,ソースコード変更箇所が元の設計仕様に一致していることを確認できる。WebベースのインターフェースとJava向けのIDEプラグインをサポート。

また,ソースコードやビルド環境に変更を加える必要はなく,対応可能なデータが自動的に提供されるため,ユーザはコードの構造を詳しく理解でき,新しいソースコードをコンパイルしたときに元のソフトウェア設計に反映できる。

価格は年間ライセンスとなっており,50万行のコードに対し88万円~(1年間のサポートを含む)。

主な機能は以下のとおり。

アーキテクチャの自動視覚化
特許申請中のSoftware DNA Map解析機能により,相互依存性,アーキテクチャ複雑度マップ依存関係グラフの視覚化,依存性構造対応表など,ソース コード構造の包括的なマップを自動生成する。
アーキテクチャ上のセキュリティの問題を検出
アクセス制御チェックポイント,暗号化/暗号化解除API,およびその他のセキュリティ上の懸念事項を回避する経路を自動識別する。
アプリケーション・アーキテクチャの設定と適用
ソースコードの開発プロセスに伴い,アーキテクトが設計意図に沿ったアーキテクチャを指定しコード構造を解析できるようにして,設計意図に沿ったアーキテクチャを定義し,計画したアーキテクチャを適用する。
アーキテクチャの品質上の問題を検出
実行時にエラーが発生し,クラッシュの原因となる逆依存性などのアプリケーション・アーキテクチャ違反を自動検出する。

Coverity Architecture Analyzer

Coverity Architecture Analyzer

コベリティ日本支社
URLhttp://www.coverity.com/html_ja/

コメント

コメントの記入