ニュースリリース

IBS Japan,USB通信端末がつながるモバイルWiFiアクセスポイントを発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

アイ・ビー・エス・ジャパン(株)は12月4日,USBタイプの高速データ通信カードや携帯電話・スマートフォンを接続し,IEEE802.11b/g無線LAN端末にインターネット環境を提供するモバイルWiFiアクセスポイント「PHS300」を発表した。価格は19,800円(税込)。同時にバッテリパックをプレゼントするキャンペーンも実施する。

「PHS300」はIEEE802.11b/g規格に準拠した無線LANインターフェースを持つアクセスポイントで,USBポートにデータ通信USBモデムやスマートフォンなどを接続することでブロードバンドルータとして使用することができる。また,1800mAhのバッテリを内蔵しており,場所を選ばずインターネットに接続することができる。最大16台の無線LAN端末が接続できるので,複数ユーザでシェアすることも可能。

同製品の主な特徴は以下のとおり。

  • 小型/軽量で持ち運びが容易
  • 無線LAN対応機器(IEEE802.11b/g)が複数接続可能
  • Webプラウザ経由で設定可能,セキュリティ機能
  • 車載に対応
  • USBモデムおよび携帯電話・スマートフォンに順次対応
※ 2008年12月現在,動作確認が取れているUSBデータ通信モデムはイー・モバイル(株)が販売する「D02HW」、スマートフォンは同「H11T」。今後の動作確認機器については、PHS300製品ページにて公開予定。

モバイルWiFiアクセスポイント「PHS300」

図

また同製品の発売にともない,PHS300の購入者にモバイル向けバッテリパック「MPP-100 for PHS300」を先着でプレゼントするキャンペーンを実施する。期間は12月4日より,無くなり次第終了。電脳探検隊世界のレアPCパーツショップの2店舗で開催される。

バッテリパック「MPP-100 for PHS300」

図

モバイルWiFiアクセスポイントPHS300
URLhttp://www.ibsjapan.co.jp/products/PHS300.html
アイ・ビー・エス・ジャパン(株)
URLhttp://www.ibsjapan.co.jp/

コメント

コメントの記入