ニュースリリース

次世代標準規格 GS1 データバーを含も21種ものバーコードを生成 ―JBarCode 2.5J―

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ株式会社は,Java™向けバーコードコンポーネント「JBarCode 2.5J(ジェイバーコード)」を2009年3月23日に発売することを発表した。ダウンロード販売のみで価格は1開発ライセンス63,000円(本体価格60,000円),1CPUサーバー運用ライセンスは105,000円(本体価格100,000円)。

「JBarCode 2.5J」はJava専用のバーコード生成コンポーネント。最新バージョンとなる「JBarCode 2.5J」は一般消費財向けの新しい標準規格GS1データバー(旧称RSS 14)をサポートし,合計21種類もの規格のバーコードを生成できる。細やかなカスタマイズのためのプロパティを数多く提供,種類とデータを指定するだけでバーコード生成機能を短時間に実装できるため,多様化するニーズに応えるものとなる。

製品の詳細はこちらのWebサイトで公開。

主な新機能
  • GS1データバー規格に対応
  • デザイナの改善

対応するバーコード規格

GS1 DataBar(4種)OmnidirectionalStacked Omnidirectional
ExpandedExpanded Stacked
PDF417CODE39CODE49CODE93CODE128
JAN8JAN13GS1-128
(旧UCC/EAN-128)
コンビニバーコードITF
POSTNETUPC/AUPC/EUPC/E(アドオン)NW-7(CODABAR)
カスタマバーコードQRコード

JBarCode 2.5J

JBarCode 2.5J

グレープシティ株式会社
http://www.grapecity.com

コメント

コメントの記入