ニュースリリース

東陽テクニカとエクスモーション,ソースコード診断ツール「eXquto(エクスキュート)」の販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)東陽テクニカと組込みシステム開発現場における実践型トータルコンサルティングを提供する(株)エクスモーションは,ソースコード品質診断ツールのマーケティング活動やビジネス展開に関して業務提携を行い,2009年2月から静的解析ツール「QAC」を使用したソースコード診断ツール「eXquto」を本格的に販売開始した。

同ツールはQACが測定した「メトリクス」をソフトウェアのさまざまな品質としてまとめ上げ,ソースコードにどのような問題があるかをわかりやすく提示する。これにより,経営・管理層から現場の開発者に至るすべての関係者が,自分たちの開発しているソースコードの設計・実装品質の良し悪しを把握することが可能になる。また,ソフトウェア構造の頑健性やコーディング品質の良し悪しを明らかにし,品質改善のための指針を示す「スコープ別評価」と,ソフトウェアに潜む脆弱性や最適化の余地を指摘する「品質特性別評価」の2つの評価軸を用いることで,より総合的な品質を把握することができる。評価結果は,品質特性やソフトウェアの構成要素ごとに比較しやすいように,グラフやチャートを用いてビジュアルにレポートされる。さらに,品質の悪い要素に対してはその原因となっているメトリクスまで追跡し,具体的な改善策を示す。

東陽テクニカ
http://www.toyo.co.jp/
エクスモーション
http://www.exmotion.co.jp/

コメント

コメントの記入