ニュースリリース

組込みソフトウェア技術者試験の受験対策講座

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

組込み技術者の育成の必要性が叫ばれて久しい昨今,本誌コラム連載「組込み教育委員会」でも取り上げる各種試験やスキル標準の情報は,多くの読者が興味を持っている。このような状況の中,(株)システムカルチャーは組込み技術者試験制度(通称:ETEC)の受験対策講座を開講した。単なる受験対策にとどまらずに,これから組込み技術者としての一歩を踏み出すための基礎知識の習得にも役立つという。

講座は「基礎コース」(2日間),「標準コース」(10日間),「実践コース」(10日間),「試験対策コース」(3日間)の4つが用意され,講師は実際にETECクラス2試験のグレードAと証明された経験豊富なエンジニアが担当する。具体的には,標準コースではハードウェアやOSについての詳細から,組込みソフトウェア特有の設計・プログラミング・デバッグ・テスト手法など包括的に取り上げられており,基礎研修にも活用できそうだ。問い合わせは,infocs@syscul.co.jpまで。

講座案内

講座案内

システムカルチャー
http://www.syscul.co.jp/

コメント

コメントの記入