ニュースリリース

IBS,iSCSI SANソフトウェア「StarWind Server製品」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

アイ・ビー・エス・ジャパンは4月20日,Windows ServerをIP SANへ変換する「StarWind Server」の販売を開始することを発表した。

StarWind iSCSI SAN Serverは,標準のMicrosoft Windows Serverへインストールすることができ,WindowsマシンをSAN(Strage Area Network)へと変換するiSCSI SANソフトウェアソリューション。また,Oracle,Microsoft SQL Server,Microsoft ExchangeやMicrosoft SharePoint Serverなどのデータベースアプリケーション,VMware ESXやVMware ESXi,Citrix XenServer,Microsoft Hyper-V Server 2008にも対応している。

同製品の特長は以下のとおり。

標準規格採用により企業での運用/開発が簡単

iSCSIプロトコル,TCP/IPおよびEthernetなどの標準規格を使用することで,企業におけるiSCSI SANソリューションの容易な開発/管理を可能に。

ハードウェアを選ばないフレキシビリティ

企業クラスのx86ベースサーバの使用をサポートしSANへと変換する。これによりユーザは特定ブランドからハードウェアを購入する必要がなく標準的なサーバを購入し使用することができる。

幅広い環境サポート

Windows Server 2008,Microsoft SQL Server,Microsoft Exchange ServerやOracleのような高I/Oアプリケーションやトランザクション・アプリケーション。また,VMware ESXやVMware ESXi,Microsoft Windows Server 2008 Hyper-Vなどのバーチャリゼーションソリューションをサポートする。

動作環境

  最小構成 推奨構成
OS Windows XP(Service Pack 2 以降) Windows Server 2003 (Service Pack1 以降)Windows Server 2008
CPU 800MHz (Intel PentiumⅢクラス) 2GHz (Intel Xeonクラス)
RAM 512Mバイト 4Gバイト
HDD空き容量 アプリケーションデータ容量として50Mバイト アプリケーションデータとログファイル保存領域として1Gバイト
Ethernet 10/100 Ethernet Gigabit Ethernet

StarWind iSCSI SAN Server

StarWind iSCSI SAN Server

アイ・ビー・エス・ジャパン(株)
URLhttp://www.ibsjapan.co.jp/

コメント

コメントの記入