ニュースリリース

「群衆の叡智サミット 2009」5月26日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

(株)テックスタイルは,「群衆の叡智」の活用に関する現状と事例を紹介し,その将来の可能性を探る公開討論会『群衆の叡智サミット 2009』(Wisdom of Crowds Summit2009)を5月26日(火)に開催する。4月24日より申込み受付を開始した。

『群衆の叡智サミット』は,2007年11月に第1回を開催。産・官・学の各分野で活躍する第一人者をパネリストに迎え,「群衆の叡智」とは何か,また,その可能性について議論した。第2回の『群衆の叡智サミット 2008Spring』では,インターネット,企業内での「群衆」の行動から興味深い発見を引き出した実例について,経済活動への積極的な影響の可能性について議論された。

昨今の社会システムの激しい動きの中で,「群衆の叡智」に起こりつつある変化,そしてこれを活かす視点について「群衆の叡智サミット 2009」では,新しい論客をパネリストとして迎え,最近の実例やアプローチを,専門的な研究,仕組みの実装,マーケティング,経営などあらゆる視点から切り込む活発な討論を行う。

開催概要は以下の通り。

公開討論会「群衆の叡智サミット2009」(Wisdom of Crowds Summit 2009)
主催(株)テックスタイル
会場時事通信ホール
開催日時2009年5月26日(水)13:00~16:30
プログラム12:00受付開始/開場
13:00~
13:05
オープニング チェア
岡田良太郎(株)テックスタイル代表取締役
13:05~
14:40
セッション1 「群衆」における情報の流れの変化-供給過多時代における情報,利用技術にまつわる変化
14:50~
16:20
セッション2 「群衆」による変革のポテンシャル-新しい価値の発見と創出の実際と将来の可能性
16:20クロージング
16:30終了
参加費事前申込5,000円(税込)
当日参加7,000円(税込,ただし当日空席がある場合のみ)
申込方法 公式Webサイトからお申し込みフォームにより受付
定員150名(先着順に受付,定員になり次第締め切り)
定員となり受付を締め切った場合は,当日申込はなし。
主要パネリスト/
コメンテーター(敬称略)
高須賀宣(LUNARR Inc)
元サイボウズ社長。群衆の感覚の集約に関連して,現在,アメリカ・オレゴンの同社にて,ユニークなチャレンジを展開しておられる。
鷲田祐一(博報堂)
博報堂フォーサイト。東京大学博士課程などにおいて,群衆の中での情報伝達のメカニズムについて,興味深い研究成果を持っている。
佐々木俊尚(ITジャーナリスト)
ジャーナリズムについての教鞭をとる。「ブログ論壇の誕生」「ウェブ国産力」「起業家2.0」「Google」などの著書で知られる,ITジャーナリスト。
眞木正喜(日立システムアンドサービス)
日立システムアンドサービス常務。同社は,知の流通のコンセプトでの戦略展開を展開。経営者としての長い経験から,群衆の意見集約によるレバレッジへの可能性を語る。
戸上浩昭様(iUG / intra BLOG/SNS Users Group)
iUGの活動で知られる,某医療器具メーカのマーケティング担当。企業内のソーシャルツールによる情報の共有の経験から,企業内での情報流通の活性化に関し,明確なコンセプトを構築してきたことで知られる。
上記に加え,これまでのパネリストも議論に参画する予定。
(株)テックスタイル
URL:http://techstyle.jp/wocs/

コメント

コメントの記入