ニュースリリース

フェンリル,Sleipnir新バージョン2.8.5をリリース-IE8とWindows 7 RC版に対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

フェンリル(株)は5月21日,同社が開発,提供するWeb ブラウザSleipnir(スレイプニル)の最新版「Sleipnir 2.8.5」を発表した。新バージョンは5月21日より同社のダウンロードサイトからダウンロード可能。

Sleipnir 2.8.5の主な追加仕様は以下のとおり。

Internet Explorer 8に対応
Intertnet Explorer 8インストール環境において,ネイティブモードで動作させる機能を追加し,同時接続数をIntertnet Explorer 8に合わせ,表示の高速化を実現。これによりWeb ページ表示の際のストレスが大幅に軽減されるとのこと。
Windows 7 RC 版に対応
Windows 7 RC版の環境での動作に対応した。
ファビコンの自動削除機能の追加
多くのユーザから要望があったファビコンの自動削除機能を追加。
UserAgentの書式を変更
特定のWebサイトが見られなくなる問題に対応するためUserAgentの書式を変更した。
検索クエリの修正
仕様変更にともない一部検索結果に表示される検索キーワードが文字化けを起こす問題に関連して,検索クエリの修正を施した。

このほか,バージョンアップにはいくつかの不具合修正も含まれている。詳細な更新内容はSleipnir 2.8.5リリースノートを参照。

フェンリル(株)
URL:http://www.fenrir.co.jp/

コメント

コメントの記入