ニュースリリース

Google Chrome 2.0正式版リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2009年5月22日,Googleは同社のブラウザGoogle Chromeの最新版「Google Chrome 2.0.172.28 stable」を公開した。今回のリリースは1.0からのバグフィックスを行い「高速」「快適」「安全」性能を高めたものになっている。

プレゼンターを務めたGoogle 及川卓也氏

プレゼンターを務めたGoogle 及川卓也氏

Chrome 2.0の特徴

高速
描画速度など,パフォーマンス向上が図られている。具体的にはWebKitやV8といったレンダリングエンジンのバージョンアップが行われた。
安全
安全性については,報告された脆弱生の修正を行っている他,これまでと同じくサンドボックスによるリソースアクセスへの制限,およびサイトからの自動更新を推進している。
快適
1.0で多くのユーザから指摘されたクラッシュを起こす点については,300以上のクラッシュ関係の不具合を修正し,ユーザインターフェースの改善も行われている。

その他,おもな新機能は以下のとおり。

  • 「新しいタブ」からのサムネイル削除
  • フルスクリーンモード
  • フォームへの自動入力
  • 内蔵コンポーネントのアップグレード
    • V8:1.1.10.12
    • WebKit:530.5
    • Gears:0.5.19.0
  • 新しいHTTPスタック マルチプラットフォーム対応をすべく,独自で開発
  • 追加言語のサポート:合計50言語
    • Bangali,Gujarati,Kannada,Malayalam,Marathi,Oriya(Vistaのみ),Tamil,Telugu他

Chromeの今後

今後に関しては,上記の「堅牢,高速,安全」に加えて「シンプルかつ使いやすい」ブラウザを目指していく,とGoogleシニアプロダクトマネージャーの及川卓也氏はコメントした。また,拡張性およびマルチプラットフォームへの対応やWeb標準の推進,オープンソースプロジェクトとしてのさらなる推進を行い,より良いWeb環境を目指していきたいとまとめた。

これからのChromeが目指す方向の1つを体現しているのがChrome Experiments」。さまざまなJavaScriptサンプルなどが掲載されており,ユーザ体験の進化をまとめている。

これからのChromeが目指す方向の1つを体現しているのが「Chrome Experiments」。さまざまなJavaScriptサンプルなどが掲載されており,ユーザ体験の進化をまとめている。

Google Chrome
URL:http://www.google.co.jp/chrome/

コメント

コメントの記入