ニュースリリース

HDE,オープンソース サーバ仮想化管理ソフトウェアKaresansuiを公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

(株)HDEは5月28日,Webインターフェースを備えたサーバ仮想化管理ソフトウェア「Karesansui」を,オープンソースソフトウェア(OSS)として無償公開することを発表した。あわせて,Karesansuiの開発を推進するKaresansui Projectを立ち上げたことも発表した。

Karesansuiは,Webインターフェースを備えたオープンソースのサーバ仮想化管理ソフトウェア。仮想化ハイパーバイザーとして,同じくオープンソースのXenをサポートしており,ゲストOSの起動,停止,スナップショットの作成などの基本操作のほか,CPU数やメモリサイズの変更といった管理をWebブラウザから行うことができる。開発言語はPythonで,RESTfulアーキテクチャを採用しているので,機能拡張しやすい構造となっている。

日本のソフトウェアベンダが開発したこともあり,UIは日本語表示でわかりやすい。アバターとして現在のところハイパーバイザーはXenにのみ対応しているが,今後はKVMなど他の仮想化ハイパーバイザーにも順次対応していくとのこと。ライセンスはコア部分がLGPL,その他のパート部分がGPLとなっている。

Karesansuiの操作画面。日本発のオープンソースらしく? アイコンにも遊び心満載。

Karesansuiの操作画面。日本発のオープンソースらしく? アイコンにも遊び心満載。

また「Karesansui Project」は同社の開発者が中心となり立ち上げたコミュニティ。同社はこれまでLinux上のサーバ管理ツールを中心に事業を展開してきたが,オープンソースプロジェクトへの寄付なども行っており,「Karesansuiでオープンソースにより積極的に関わることで,オープンソースコミュニティに恩返しがしたい」(同社社長の小椋一宏氏)との思いがあったという。

「Karesansui Project」のページには,初心者向けにOSのインストールから詳細に解説したチュートリアルが用意されている。

「Karesansui Project」のページには,初心者向けにOSのインストールから詳細に解説したチュートリアルが用意されている。

Karesansuiの動作環境は以下の通り。

対応ホストOSCentOS 5.3以降
データベースSQLite,MySQL,PostgreSQL ほか
ハードウェア推奨スペックCPUCore 2 Duo以上
メモリ2Gバイト以上
HDD100Gバイト以上
対応WebブラウザFirefox 3,Safari(Mac),Opera,Google Chrome
Karesansuiオフィシャルサイト
URL:http://www.karesansui-project.info
(株)HDE
URL:http://www.hde.co.jp

コメント

コメントの記入