ニュースリリース

TISとミックスネットワークがCMS分野で協業~TIS,「PUBLIS Enterprise」を活用した「大規模サイト向けCMS構築サービス」を提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

TIS(株)(株)ミックスネットワークは6月2日,大規模Webサイトを対象としたCMS(コンテンツ マネジメント システム)「PUBLIS Enterprise(パブリス・エンタープライズ)」の販売,活用を中心としたCMS分野での協業を6月1日より開始した。また,同製品とRuby On RailsやCakePHPなどのフレームワークや,MySQLなどのオープンソースミドルウェアを組み合わせ,TCOの削減やサイト運営の変更,追加の俊敏性,柔軟性を実現する「大規模サイト向けCMS構築サービス」も合わせて提供を開始する。価格はサービス提供範囲などにより異なるため別途見積となるが,最小構成で1,000万円程度~となる予定。

今日のWebサイト運営においてCMSは欠かせないものとなっている。また,大規模サイト運営においては,CMSが提供する俊敏性,ユーザビリティに加えて,高負荷時のパフォーマンス対策や,CMS以外のアプリケーションの変更,追加が迅速に行えるための体制づくり,開発基盤が求められている。

TISではこのような課題解決のために,ミックスネットワークのCMS「PUBLIS Enterprise」を活用し,これにフレームワーク,オープンソースミドルウェア群を組み合わせた「大規模サイト向けCMS構築サービス」を提供する。同サービスは短納期,低コストで大規模サイトをトータルインテグレーションするサイト構築サービスとなる。

「大規模サイト向けCMS構築サービス」の特長は以下のとおり。

高速フレームワーク・インテグレーション
ブロック形式CMSであるPUBLIS Enterpriseの利点を活かし,CMSツールとスクラッチアプリケーション間の独立性を確保したアーキテクチャー設計を提供。これによりCMSのユーザビリティとスクラッチアプリケーション開発の柔軟性の両立を実現する。
オープンソース・インテグレーション
オープンソースのデータベースMySQLやキャッシュサーバSquidなどを活用することで,従来のTCOの1/4~1/2程度の削減が可能な低コストインフラを提供。また,TISではこれまでさまざまな大規模Webサイトのシステム構築経験から得られたノウハウをベースに,オープンソースミドルウェアにおける分散,レプリケーションやスケールアウト構成など,高負荷時のパフォーマンスに耐えうるシステム構成を提供する。
プロジェクト初期段階での性能検証サービス
プロジェクト初期段階におけるシステム性能への不安解消のため,PUBLIS Enterpriseやフレームワーク,オープンソースの組み合わせによるアーキテクチャ上での性能検証サービスを提供する。
TIS(株)
URL:http://www.tis.co.jp/
(株)ミックスネットワーク
URL:http://www.micsnet.co.jp/

コメント

コメントの記入