ニュースリリース

Apple,「iPhone 3G S」を発表──現行8GBモデルは値下げ,iPhone OS 3.0アップデートは17日より【15:55 国内価格追加】

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

米Appleは現地時間6月8日(月),米カリフォルニア州サンフランシスコで開幕したWWDC(ワールドデベロッパカンファレンス)のキーノートにおいて,iPhone 3Gに動作速度などを改善した「iPhone 3G S」を追加すると発表した。またベータテストが行われていた「iPhone OS 3.0」のリリースも発表された。

iPhone 3G S

iPhone 3G S

「iPhone 3G S」は現行のiPhone 3Gのアップデートとなる製品で,HSDPAの7.2Mbpsへの対応,CPUやメモリー,カメラなどが強化されたほか,電子コンパスの追加,Nike+iPodへの対応などが行われ,動作速度が最大で現行機の2倍と高速化された。

カメラは従来の200万画素パンフォーカスから300万画素オートフォーカスへと強化され,タップによってフォーカス対象を選択できるほか,自動マクロフォーカス機能によりこれまで難しかった超クローズアップの写真を撮ることもできる。動画の撮影および編集にも対応する。

追加された電子コンパスは標準アプリのMapsとも統合されており,ユーザーの進行方向に合わせて向きを変える。

またボイスコントロールによるハンズフリー操作に対応し,適切なコマンドをしゃべるだけで,電話をかけたりiPodをコントロールしたりできる。

ラインナップは8GB,16GB,32GBの3機種。16GBと32GBのみBlackとWhiteが用意される。現行機は8GBモデルのみ現行のまま継続され,16GBはiPhone 3G Sへアップデートされる。米国での価格はそれぞれ99ドル,199ドル,299ドルとなる。

米国では6月19日より販売が開始されるが,日本国内では6月26日よりの販売となる。提供キャリアは従来通りソフトバンクモバイル。国内での販売価格はiPhone for everybodyキャンペーン適用の実質負担額でそれぞれ0円,11,520円,23,040円。【15:55追記】

また現行機種でも利用できる新OSの「iPhone OS 3.0」では,コピー&ペーストに対応したほか,MMSのサポート,Spotlightによる検索,ペアレンタルコントロールのムービーやアプリケーションへの拡張,Voice Memoアプリケーションによる録音など,100以上の新機能が追加された。

加えてMobileMe契約者向けサービスとして,紛失したiPhone本体がどこにあるか地図上に表示したり,そのiPhoneの画面上にメッセージを表示できるFind My iPhone機能,すべてのデータとコンテンツをリモートで削除できるRemote Wipe機能が提供される。

iPhone OS 3.0の新機能の一つであるテザリングについては,日本国内では提供されない模様。

「iPhone OS 3.0」は17日に提供開始され,現行のiPhoneユーザーは無償にてバージョンアップできる。

アップル
http://www.apple.com/jp/
iPhone 3G S 新機能のすべて
http://www.apple.com/jp/iphone/iphone-3g-s/
iPhone 3G Sの価格について | SoftBank
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/iphone_3g_s/

コメント

コメントの記入