ニュースリリース

米サン,仮想化ソフト「VirtualBox 3.0」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

米国Sun Microsystemsは,クロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア「Sun VirtualBox」の最新バージョン「VirtualBox 3.0」を発表した。VirtualBoxは同社サイトから無償でダウンロード可能。ダウンロードサイズは約50Mバイト。

同社の仮想化製品の中でも,VirtualBoxは主要製品として急速に人気を伸ばしつつあり,累計ダウンロード数は全世界で1,450万件以上,登録数は400万件以上に達し,1日当たりのダウンロード数は25,000件を超えているという。

VirtualBox 3.0の新機能は以下のとおり。

  • 1ゲストにつき最大32 CPUを設定可能。
  • ハイパーバイザを強化してSMP対応とした。
  • APIプラットフォームをアップデートし,近く登場するコミュニティー主体のVirtualBox Web Consoleプロジェクトの基盤を構成。同プロジェクトはWebコンソールからのデータセンター管理を可能にするもので,Python言語がベースとなっている。
  • Windowsゲスト用にMicrosoft Direct3Dをサポート。
  • OpenGL 2.0をサポート。
  • ストレージ機器,iPod,携帯電話など各種USBデバイスをサポート。

個人ユーザのVirtualBoxを無償で利用可能だが,組織への大規模な導入の場合は,エンタープライズ・サブスクリプション(サンの技術チームによる24時間/週7日のプレミアムサポート含む)を1ユーザあたり年間30USドルからの価格で利用可能。大規模ユーザには割引もある。パートナーには包括的なOEMライセンス・プログラムも用意されている。

Sun VirtualBox
URL:http://www.sun.com/software/products/virtualbox/get.jsp

コメント

コメントの記入