ニュースリリース

HDE,同社のメールセキュリティ製品のHyper-V上での動作検証を実施

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)HDEは,同社のメールセキュリティ製品「HDE Secure Mail」「HDE Mail Cop」について,Microsoft製仮想化技術であるHyper-V上での動作検証を行った。

同社の「HDE Secure Mail」「HDE Mail Cop」はいずれもLinux上で動作するソフトウェア。検証ではまずWindows Server 2008 R2上にHyper-Vをインストールし,仮想マシンを構築,Red Hat Enterprise Linux 5.3をインストールするという手順で環境構築が行われた。Hyper-Vでは公式サポートされていない環境のため,多少のカスタマイズを必要とするが「思ったよりもスムーズに導入できた」(同社プロダクト本部 桜井 剛氏)とのこと。

検証結果によると,ソフトウェアの動作自体はHyper-V上でも問題なく可能であったが,やはりディスクI/O,ネットワークI/Oのオーバーヘッドに処理が重いようだ。インストール方法を含めた検証結果は同社サイトの以下のページから申し込みフォームを使って入手可能。

同社のHDEラボでは,今後もこうした調査を含め,同社製品ユーザやオープンソースユーザに向けた有益な情報を提供していくとのこと。

(株)HDE
URL:http://www.hde.co.jp/

コメント

コメントの記入