ニュースリリース

チェンジビジョン,同社の新製品戦略を発表―JUDEからastah*へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

株式会社チェンジビジョンは9月15日,同社の新たな製品戦略としてこれまで開発・販売してきたソフトウェア設計支援ツール「JUDE」を一新し,新たに「astah*(アスター)⁠として,2009年10月19日に世界同時発売することを発表した。

モデリング市場の閉塞感を打開

今回の発表にあたり,同社代表取締役社長 平鍋健児氏は「現在のモデリング市場を見てみると,世界的な市況の冷え込みやオブジェクト指向,UMLといった技術の定着から,市場そのものの閉塞感を感じます。一方で,認知が上がったことにより⁠コミュニケーションツール⁠としてのモデリングの認知が始まっています。そこで,今回の新しい戦略に踏み出し,世界の開発者を対象とした展開を目指すことにしました」と,新戦略の狙いについて語った。

新製品「astah*」について説明する,株式会社チェンジビジョン代表取締役社長 平鍋健児氏。

新製品「astah*」について説明する,株式会社チェンジビジョン代表取締役社長 平鍋健児氏。

astah*とは

今回発表されるastah*は,従来のJUDEを置き換え,さらに新しいエディションを用意した製品群の名称。JUDE以上に世界中の開発者が手軽に利用できるよう,JUDEと比較して新しいライセンス体系が1つ用意され,さらに,JUDE/Shareとして提供していた機能を「astah* share」という名称に変更し,対象拡大および大幅値下げが行われている。

astah*によるターゲットの再設定

astah*によるターゲットの再設定

具体的な製品名と料金体系は下表のとおり。

 astah*製品群

製品名機能価格
astah* professionalソフトウェア設計に必要な設計図を多数用意し,チームでの設計を支援する機能も含む多機能製品ユーザライセンス28,000円($280)⁠タイムドライセンス(年間ライセンス)12,000円($120)
astah* UMLUMLを基本に,マインドマップなどの機能を実装し,小規模開発や新興国を含む従来ライセンス保有が困難であった市場をターゲットにしたものタイムドライセンス(年間ライセンス)5,000円($50)
astah* community基本的なUMLモデリング機能を実装し個人利用を対象としたものフリーソフトウェア(無償)
astah* shareastah*で描いたモデルをWebブラウザ上で閲覧・コメントが可能なコミュニケーションツールサーバライセンス70,000円($700)

上記以外に,ユーザボリュームパックによる提供が用意されている他,2010年3月までにキャンペーン価格での提供が行われる。詳しくは下記URLを参照。

株式会社チェンジビジョン
http://www.change-vision.com/

コメント

コメントの記入