ニュースリリース

ユーザーローカル,Webページ内の行動を分析する無料アクセス解析ツール「ユーザーヒート」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

9月30日,⁠株)ユーザーローカルは,Webページがどのように読まれているかを「マウスの軌跡」⁠クリックが多い場所」⁠熟読エリア」の3パターンの画像で可視化する,ヒートマップ対応の無料のアクセス解析ツール「ユーザーヒート」をリリースした。

これまでのアクセス解析ツールは,どのWebページが読まれているかは分析できても,Webページ内の「どの段落がよく読まれているか」までは調査できなかった。ユーザーヒートでは,調査対象となるWebページの中を,サイト訪問者がどのように動いたのかを分析することができる。

ヒートマップとは,温度測定データをデジタルによって可視化する技術のこと。サーモグラフィとも呼ばれる。

同サービスの主な解析機能は以下のとおり。

図1 左から「マウストラック分析」⁠クリックマップ分析」⁠熟読エリア分析」の画面

図1 左から「マウストラック分析」「クリックマップ分析」「熟読エリア分析」の画面

マウストラック分析
Webサイト訪問者が,ページ上でどのように動いたかが確認できる。ページが表示されてから離脱するまでのWebサイト訪問者のマウスの動き(ページを開いたときのマウス場所や移動箇所,クリックした場所)を表示。結果画像上には,一度に5人分の動きのデータをピックアップして表示する。
クリックマップ分析
多くのWebサイト訪問者がよくクリックしている場所を表示。よくクリックされている場所ほど赤く,あまりクリックされていない箇所は青く表現される。
熟読エリア分析
そのページ内で,Webサイト訪問者がよく読んでいると思われる場所をサーモグラフィ風に表示。⁠読まれている場所」の推測には独自のアルゴリズムを用い,Webサイト訪問者のマウスの動きやスクロール操作,文中のキーワードから統合的に判断される。

これまで同様の解析機能を実現するには高価な機材を必要とし,また調査対象となる被験者がいる環境でしか利用できまなかった。ユーザーヒートはカメラなどの機器は一切不要で,インターネット経由で大量のWebサイト訪問者を無料で調査/分析することが可能となっている。

利用方法は以下の通り。

  • ユーザーヒートWebサイトの登録フォームから,ユーザー登録を行う。
  • 発行された解析用HTMLタグを,解析したいWebサイトに組み込む。
  • 管理画面からアクセス解析結果が閲覧可能に。

図2 ユーザーヒートのトップページ

図2 ユーザーヒートのトップページ

HTMLで作成されている一般のWebサイトであれば利用できるようになっており,Ameba BlogやLivedoorブログ,FC2,ヤプログ!,Seesaaブログ,JUGEM,忍者ブログ,Niftyココログなど,おもなブログサービスで利用可能。このほか,JavaScriptの編集が許可されているブログASPやCMSなら利用できる。

英語版も同日から提供開始し,英語圏での利用も可能となっている。

⁠株⁠ユーザーローカル
URLhttp://www.userlocal.jp/

コメント

コメントの記入