ニュースリリース

スタジオマップ,法人向けサービスのVPS提供を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

スタジオマップは,同社のホスティングサービス「SPPDレンタルサーバー」において,10月23日より法人向けサービスのVPS(仮想専用サーバ)提供の開始を発表した。

VPSサービスは,サーバ仮想化技術により,1台の物理サーバに複数の仮想的な専用サーバが同居可能なサービス。従来の共用サーバよりも自由度が高く,専用サーバよりもコストが抑えられるメリットがある。

その他の特徴は以下の通り。

  • 通常の共用サーバでは不可能な,サーバ設定のカスタマイズ,アプリケーションの個別インストールが可能。
  • ユーザのサーバ環境は仮想化ソフトウェアOpenVZによりそれぞれ独立して動作するので,セキュリティや動作の安定性が共用サーバよりも向上。
  • メールアカウント,メールアドレス,ドメイン数の設定は上限なし。
  • OSはCentOS5,データベースはMySQL5,PostgreSQL8,SQLite3など,共用サーバと同一の機能がインストール済み。
「SPPDレンタルサーバー」VPSコース体系(料金は税込)
VPSベーシックコース
CPUQuad Core Xeonをシェア
最大メモリ512MB
HDD40GB
OSCentOS 5.3
セットアップ料10,500円→2,100円(2009年12月15日まで)
月額利用料8,190円
VPSスタンダードコース
CPUQuad Core Xeon をシェア
最大メモリ1.0GB
HDD80GB
OSCentOS 5.3
セットアップ料10,500円→2,100円(2009年12月15日まで)
月額利用料14,490円
VPSパワフルコース
CPUQuad Core Xeon をシェア
最大メモリ2.0GB
HDD120GB
OS CentOS 5.3
セットアップ料10,500円→2,100円(2009年12月15日まで)
月額利用料19,740円
⁠株⁠スタジオマップ
URL:http://www.sppd.co.jp/

コメント

コメントの記入