ニュースリリース

ユビキタス,OSを1秒で瞬間起動する「Ubiquitous QuickBoot」発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠ユビキタスは11月10日,組込みシステムの起動時間を大幅に短縮する新製品「Ubiquitous QuickBoot(クイックブート)⁠を発表した。同製品の発売開始は来年を予定している。

クイックブートは,同社が開発した新技術を採用したソリューション。システムの起動に必要なメモリ領域を優先的に不揮発性ストレージからRAMに復元することで瞬間起動を実現するもの。デモとして用意されているAndroidを搭載したARM評価ボードを使用した実装例では,電源投入から1秒台でアプリケーション実行状態まで復元可能となる。

同社のUbiquitous QuickBoot紹介Webページで,Androidを1秒で起動させるデモ動画を見ることができる。

現在の実装例はAndroidだが,Quikboot自体はOSやハードウェアには依存しない技術で,ハードウェアとOSの間にIRA(Intelligent Resource Allocator)と呼ばれる起動リソースを管理するレイヤを置くことにより,OSやアプリケーション起動に最小限必要なビデオ回り,DLLなどのリソースが自動的に設定される。なお,ネットワークなどの入出力を伴う処理については,入出力のパフォーマンスがボトルネックとなり,高速起動しないケースもあるという。

同社では,完全に電源を落とした状態から高速起動が可能となるこの技術を応用することによって,将来的には家電や携帯機器の待機電力消費を減らすことに貢献していきたいとのこと。

⁠株⁠ユビキタス
URLhttp://www.ubiquitous.co.jp/

コメント

コメントの記入