ニュースリリース

KDDIウェブコミュニケーションズ,共用レンタルサーバをリニューアル,iPhone対応モバイルCMSをオプション提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠KDDIウェブコミュニケーションズは12月3日より,同社ホスティングブランド「CPI」にて,共用レンタルサーバ「シェアードプランZシリーズ」をリリースした。

「シェアードプランZシリーズ」は,マルチドメイン無制限や外部バックアップなどの機能を盛り込んだ共用レンタルサーバ。OSにはFreeBSD 6が採用され,各種のWebアプリケーションサービスが利用可能。新たに3つの有料オプションを採用し,複数の有料オプションをテーマ別にまとめたオプションパック構成となっている。オプションパックのひとつとして,携帯3キャリアとiPhone対応のモバイルCMSの提供も開始される。

新サービスの主な内容は以下の通り。

オプションパックの設置
複数の有料オプションをテーマ別にまとめたオプションパックを提供。
マルチドメイン無制限
ドメイン1つにつきコントロールパネルを1つ提供。
SLA サービス品質保証
2009年11月より導入しているSLAを「シェアードプランZシリーズ」でも導入。

新しい有料オプションは以下のようになる。

外部バックアップ
3日に1回,サーバ内のデータを外部サーバへ保存。
24/365 TEL&メールサポート
専用のメールアドレスとフリーダイヤルを設け,24時間365日,問い合わせに対応する。
はじめてリモートサポート
遠隔操作によりユーザのモニタに表示されている内容をオペレーターが共有しサポートする。

またオプションパックとして,以下のパックが提供される。

モバイルCMSプラス
携帯3キャリアとiPhoneの表示に対応したモバイルサイトが簡単に制作できるCMS「MOBILELOGS」に,CPIオリジナルデザインテンプレートをセットにして提供。
バックアッププラス
1日に1回,7日分をユーザのサーバ領域に保存する「内部バックアップ」⁠および3日に1回サーバ内のデータを外部サーバーへ保存する「外部バックアップ」がセットになったオプションパック。
サポートプラス
24時間365日のテクニカルサポートを行う「24/365 TEL&メールサポート」と,ユーザのモニタを共有する「はじめてリモートサポート」がセットになったオプションパック。

「シェアードプランZシリーズ」の料金は,初期費用が21,000円,利用できるディスク容量によってZ1~Z5のプランに分かれ,それぞれ月額3,990円~16,800円(オプション含まず)⁠

シェアードプランZシリーズ
URLhttp://www.cpi.ad.jp/shared/index.html
KDDIウェブコミュニケーションズ
URLhttp://www.kddi-webcommunications.co.jp/

コメント

コメントの記入