ニュースリリース

HDE,メール誤送信対策ソフトウェア「HDE Secure Mail FINAL」を発売,大容量ファイルのWeb転送も可能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠HDEは,メール誤送信対策ソフトウェアの決定版と銘打った製品「HDE Secure Mail FINAL(以下HSMF)⁠を2010年2月15日より販売開始することを発表した。

同製品は,同社のメールセキュリティ製品にも搭載されている誤送信対策関連機能を1製品にまとめ,さらに有効と思われる新機能を加えた製品。送信メールの一時保留,添付ファイルのZIP暗号化,添付ファイルのWebダウンロードが1パッケージで可能となる。

主な機能は以下のとおり

メール一時保留機能

添付ファイルの有無にかかわらず,送信メールの全てをサーバで一時保留。保留時間内であれば,送信者がメールの発送を取り消すことができる。保留時間は管理画面から1分刻みで設定でき,最大60分まで設定可能。保留時間を過ぎたメールは自動送信される。

添付ファイル付きメールのダウンロード機能

送信メールに添付ファイルがある場合には,サーバに一時保留後,ダウンロードURLとログインパスワードを記載した通知メールを自動生成し,一時保留時間経過後,または一時保留時間内であっても,送信者自ら送信許可をした場合には,その通知メールを受信者に送信する。受信者はメールに記載されたURLにアクセスし,ログインすることで,メールおよび添付ファイルをダウンロードすることができる。

添付ファイルのZIP暗号化機能

添付ファイルは,Web経由のダウンロードだけではなく,パスワード付ZIPファイルに変換して,メールの添付ファイルとして受信者に届けることも可能。

ファイルのWebアップロード機能

メールを使わずに,Webブラウザ画面を使用したファイルの直接アップロードも提供。受信者にはダウンロード用URLとログインパスワードを記載した,通知メールが届けられる。メールに添付するには大きすぎるサイズのファイルも簡単に転送,共有が可能となる。

メールを送ると,保留状態にある通知が送信者に届く。

メールを送ると,保留状態にある通知が送信者に届く。

通知メールにあるURLを開くと,送信したメール,および添付ファイルに対する操作を選択できる。このURLの処理を行わなくても,保留時間経過後,デフォルトの処理を行いメールは発送される。

通知メールにあるURLを開くと,送信したメール,および添付ファイルに対する操作を選択できる。このURLの処理を行わなくても,保留時間経過後,デフォルトの処理を行いメールは発送される。

メール受信者が通知されたURLを開くと,添付ファイルのダウンロードができる。

メール受信者が通知されたURLを開くと,添付ファイルのダウンロードができる。

「HDE Secure Mail FINAL」の価格は利用ユーザ数によって異なり,100ユーザ105万円~(税込)⁠製品標準価格の15%が年間サポート価格となる。FAX,メールによる10インシデントの問い合わせ,およびソフトウェア無償バージョンアップ権利が付属する。

対応OSは,Red Hat Enterprise Linux 5 Server for x86/x86_64。

HDE Secure Mail FINAL
URL:http://www.hde.co.jp/hsm/final/
⁠株⁠HDE
URL:http://www.hde.co.jp/

コメント

コメントの記入