ニュースリリース

【更新】JR東日本のWeb人為事故のため公開見合わせ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2009年12月23日未明から,JR東日本のWebサイト(http://www.jreast.co.jp/)の公開が見合わせとなっている。これは,外部のクラッカーにより同サイトの検索プログラムが改ざんされたためで,現在同社にて調査中とのこと。

23日17:00現在,対策としてトップページをhttp://sorry.jreast.co.jp/というURLにリダイレクトし,お詫び文の掲載および利用できるサービス一覧が表示されるようになっている。

画像

【更新】

その後,JR東日本から次の情報が追加発表された。

同社Webサイトの停止:
2009年12月23日 AM1:40より停止(2009年17:40 現在停止中)

改ざんされたページおよび期間:

  • JR東日本ホームページ内キーワード検索
    2009年12月8日21:40~12月21日23:55
  • 大人の休日倶楽部内の東京講座ページ
    2009年12月18日11:00~12月22日21:00

また,上記期間中に該当ページへアクセスしたユーザは,悪意のある他のサイトへ誘導され,端末がウィルスに感染している恐れがあるとのこと。思い当たるユーザは,その端末の使用を控えたほうがよいだろう。

なお,ウィルスチェックおよび駆除については現在対応中途のこと。わかり次第案内が出るとのことで,gihyo.jpでも追って報告する。

コメント

コメントの記入