ニュースリリース

オープンソース仮想化管理ソフト「Karesansui」の最新版1.1公開,新たにKVMに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Karesansui Projectは1月25日,オープンソースのサーバ仮想化管理アプリケーションKaresansuiの最新版「Karesansui 1.1」をOSSとして無償公開した。

Karesansuiは,Webインターフェースを備えた日本発のオープンソースサーバ仮想化管理ソフトウェア。オープンソースのXenやKVMハイパーバイザをサポートし,ゲストOSの起動/停止/管理(スナップショットの作成,CPU数,メモリサイズの変更など)GUI上から操作可能にする。ライセンスはGPL/LGPLを採用している。

Karesansui 1.1では,Red HatやCentOSに採用されているLinuxの仮想化ソフトKVMに新たに対応した。製品自身のソフトウェアアップデート機能が追加されている。

Karesansui Project
URLhttp://karesansui-project.info/

コメント

コメントの記入