ニュースリリース

Google,Chrome 4.0 Stable版をリリース,機能拡張やHTML 5が利用可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

米Googleは1月25日(現地時間)⁠同社製WebブラウザGoogle Chromeの最新バージョン4.0の安定版(Stable)を公開した。対応OSはWindowsのみ。

新バージョンでは,機能拡張(Extention)の利用が可能となり。ユーザが自由に作成することもできる。すでにベータ版のころから「Extensions Gallery」として,1500以上の機能拡張が公開され,これらを利用することでChromeをより高機能なブラウザとして利用できる。

また,ブックマークをGoogleサイトの自分のアカウントに保存し,他のマシンのChromeからこれにアクセスすることでブックマークの内容を同期させる「Bookmark Sync」という機能にも対応。ローカルストレージ,データベースAPI,WebSocketなどのHTML 5 APIも部分的にサポートしている。

性能面でも,JavaScriptエンジンに改良が加えられ,DOM Core TestsというMozillaのJavaScriptテストスイートで計測した結果,Chromeバージョン3から42%,最初のリリース(Chrome バージョン1)からは400%パフォーマンスが向上しているという。

詳しくはGoogle Chrome Blog(英語)を参照。

コメント

コメントの記入