ニュースリリース

Morphlabs,日本市場に向けたクラウド環境構築と管理を自動化するハードウェア・アプライアンス「mCloudシリーズ」の提供を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Morphlabs(モーフ・ラブズ)は2010年1月29日,クラウドコンピューティングの環境構築および管理を自動化するハードウェア・アプライアンス「mCloudシリーズ」を発表した。2月1日に販売開始の予定。mCloudは,オープンな設計思想で開発されたクラウドコンピューティングソリューションで,パブリッククラウド/プライベートクラウドを意識することなく活用できる。

Morphlabsの事業戦略「クラウド・エコシステム」⁠またそれを実現するアプライアンス「mCloudシリーズ」について説明する同社CEOのWinston Damarillo氏。

Morphlabsの事業戦略「クラウド・エコシステム」,またそれを実現するアプライアンス「mCloudシリーズ」について説明する同社CEOのWinston Damarillo氏。

ポータビリティを実現するオープンな設計思想,インフラを実現するオートスケーリング技術

mCloudシリーズの特徴は「オープンな設計思想」「オートスケーリング技術」の2つ。

Morphlabsは積極的にオープンソース技術を取り入れており,今回のmCloudシリーズもOSSを基盤としたアプライアンスとなっている。そのため,仮想化環境やDB/アプリケーションサーバなど,プロプライエタリ/オープンソースどちらの製品にも対応できる設計となっている。また,現在主流となっているAmazon AWS APIと互換性のある標準APIを採用しているので,パブリック/プライベート/ハイブリッドクラウドのどの形態にも適用できる。

また,mCloudシリーズには,クラウド環境管理を自動化するエンジンを搭載しているので,サーバ間のルーティングやバックアップなど,専門的なスキルが必要だった作業について自動的に行え,システム運用環境や状況に応じて,インフラリソースを自動的にスケーリングできる特徴を持つ。

ターゲットに合わせて3種類の提供形態を用意

mCloudシリーズは,ターゲットに合わせて次の3種類の形態で提供される。

mCloud Server

ターゲット:一般企業向けの中小規模のプライベートクラウド
月額70万円~(契約期間2年以上,3年目以降は自動更新)

クラウド環境構築に必要な仮想サーバとその制御機能,自動管理機能などをオールインワンにパッケージとして,1つのシャーシ内にまとめたもの。PaaSと同じ構造で利用できる。

mCloud Serverの例。あらかじめハードウェアにインストールされて提供される

mCloud Serverの例。あらかじめハードウェアにインストールされて提供される

mCloud Controller

ターゲット:データセンターや一般企業内の大規模クラウド
月額20万円~(契約期間2年以上,3年目以降は自動更新)

手作業でのサーバ設定やシステム管理を排除した,制御目的を第一に考えたアプライアンス。既存のクラウド環境に適用できる他,アプライアンスを冗長化することで,無停止クラウドの実現が可能となる。

mCloud on Demand

ターゲット:必要なリソースを社外に持つことが可能な場合
別途見積もり

Amazon AWSなどのパブリッククラウドを活用しながら,リソース部分のみ,クラウドを利用してシステムを構築したい場合など,カスタマイズ性にすぐれたモデル。アプライアンスそのものをパートナー企業から提供するので,個別のアプライアンス購入は不要となっている。

この他,小規模ユーザ向け,試験環境の構築などに適したmCloud Server スタータ・キット(月額10万円~:契約期間3ヵ月以上)が用意される。

Morphlabs, Inc.
URL:http://www.g2ix.com/morph/
URL:http://www.mor.ph/

コメント

コメントの記入