ニュースリリース

IPA,オープンソース情報データベース「OSS iPedia」をリニューアル─OSS関連記事の掲載と目的別メニューでUI改善,Web APIも提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は3月19日,同機構が運営するオープンソース情報データベース「OSS iPedia ⁠オーエスエスアイペディア)⁠に,記事掲載機能,目的別メニューなどの機能追加を行った。

「OSS iPedia」はネットからOSS関連情報の登録や参照ができるオープンソース情報データベース。2006年5月15日に公開され,OSS開発者や企業,官公庁関係者などに利用されている。今回の機能強化はIPAオープンソフトウェア・センター(OSC)内の「データベースワーキンググループ」という有識者から成る委員会の監修によるもの。

具体的には,これまでの「導入事例」⁠性能評価」⁠公開資料」⁠用語集,Q&A」といったコンテンツに加え,新たにOSSに関わる記事が掲載されることとなった。記事はOSCからの発信情報のほか,OSCが選定した有識者から成る執筆陣による記事を掲載していく予定。また,⁠知る」⁠使う」⁠作る」⁠参加する」⁠ダウンロード」⁠調達する」という目的別のメニューの機能を追加し,ユーザの利用の利便性の向上を図った。

図1 目的別メニューのパネル

図1 目的別メニューのパネル

さらに,利用者がWeb APIを用いて「OSS iPedia」のコンテンツの更新や,キーワード検索した結果をプログラムから取得する機能を追加。これにより,OSS関連の他サイトからのコンテンツの参照,データ連携が容易となる。なお,Web APIの利用の際はIPAに登録を行い,API利用キーの発行を受ける必要がある。

OSS iPedia
URLhttp://ossipedia.ipa.go.jp/

コメント

コメントの記入