ニュースリリース

ギデオンのメールアーカイブがTurbolinux Serverに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ターボリナックス⁠株⁠は,⁠株)ギデオンが開発・販売するメール自動アーカイブソフトウェア「GIDEON Mail Archive」が,同社のインターネットサーバ構築・管理ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 3.0(以下TLAS3)」に対応したことを発表した。

「GIDEON Mail Archive」は,メールサーバに蓄積されたメールを自動的にアーカイブ化し,整理されたインデックスにより効率的なデータへのアクセスを可能にするソフトウェア。個々が検索できるメールアカウント範囲を管理者が設定できるので,メールデータ共有化のメリットが活かせる。また,メーラなど既存のメール運用環境の設定を変更することなく導入できる。TLAS3対応により,Webブラウザのみで自動アーカイブも含めたメールシステム全体を一括管理・運用することが可能。

今後は,TLAS3とGIDEON Mail Archiveを組み合わせたソリューションを共同で展開すると同時に,⁠ギデオン アンチウイルス アンチスパムPlus」⁠ギデオンアンチウイルス メールサーバ Ver.3」とTLAS3をアプライアンス化し,導入後すぐにウイルス/スパム対策済みのメールシステムを利用できる製品の共同展開を予定している。これはCobalt RaQのGUIや操作性を継承するソリューションとして,旧製品の更新期を迎えたシステムのリプレース需要に訴える予定。

Turbolinux Server対応ソフトウェア情報
URL:http://www.turbolinux.co.jp/products/server/software/c_gideon.html
ターボリナックス⁠株⁠
URL:http://www.turbolinux.co.jp/
⁠株⁠ギデオン
URL:http://www.gideon.co.jp/

コメント

コメントの記入