ニュースリリース

グレープシティ,帳票コンポーネント「ActiveReports」の縦書き対応サービスパックを無償提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は,.NET Framework用の帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 6.0J」の機能を拡張するサービスパックを4月7日から無償で提供する。

ActiveReports for .NETはWindows フォームとASP.NETをサポートした帳票コンポーネント。レイアウトデザイン,データ接続,印刷およびPDFへの出力設定などのな機能を備えている。今回無償提供されるサービスパックは,2009年8月に発売した最新バージョン6.0Jの機能を強化するもの。合わせて不具合の修正も行われている。サービスパックはProfessionalおよびStandard両エディションそれぞれに提供される。

Visual Studio 2010環境には次期サービスパックにて7月までに無償対応の予定。

サービスパックで強化された主な機能は以下の通り。

縦書き表示のサポート
テンプレートに配置した帳票コントロール内の文字列を縦書きに設定可能に。
スクリプトエディタの強化
テンプレート上に配置したレポートコントロールにコーディングで実装を行う際,Visual Studioと同様のインテリセンスやデバッグ機能が利用できる。
Medium信頼レベルに対応
ホスティング事業者に推奨されるASP.NETセキュリティールール「Medium信頼レベル」に対応。
Flashビューワのクライアントスクリプト機能
各種イベントやメソッドを利用して,クライアントサイドでのレポート表示方法の変更や印刷が可能。
G4圧縮したTIFF画像の出力
圧縮率が高く可逆圧縮ができるCCITT G4圧縮のTIFF画像出力をサポート。
PDFファイルへの非埋込みフォント設定
PDFファイル出力時にすべてのフォントを埋め込まないように設定可能。

製品およびサービスパックの詳細は同社Webサイトの「ActiveReports」のページにて公開されている。

ActiveReports for .NET 6.0J Professional
URL:http://www.grapecity.com/japan/AR6/
ActiveReports for .NET 6.0J Standard
URL:http://www.grapecity.com/japan/support/database/p7_406.htm
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com

コメント

コメントの記入