ニュースリリース

カゴヤ・ジャパン「クラウドブースター」を開始─アップロードするだけで既存のサイトがクラウドサービスに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

カゴヤ・ジャパンで,同社が提供するレンタルサーバーブランド「KAGOYA Internet Routing(KIR)⁠において2010年6月下旬からクラウドコンピューティングサービス『クラウドブースター』の提供を開始する。

『クラウドブースター』とはアクセス状況に応じて自動的にサーバの台数を拡張し,ロードバランサーを使って負荷分散するサービス。専用サーバのアクセス状況に応じて順次ブースター用サーバを追加し,同時に負荷分散させることで各サーバの負荷を下げて,サイトのレスポンスを維持するというもの。アクセスが落ち着いてベースの専用サーバのみで対応可能となれば,追加されたブースター用サーバは自動的に切り離されるので無駄なコストは発生しない。

一般的なレンタルサーバではアクセスのピーク時を予測して対応可能なスペックのサーバを用意する。そのためピーク時以外はオーバースペックとなり,コストのロスは避けられない。⁠クラウドブースター』では専用サーバの負荷状況を常時監視プログラムで計測し,あらかじめユーザが設定した値を超えた時点で「ブースター用サーバ」が起動して負荷分散を開始するため,アクセスのピーク時を予測してサーバを用意する必要がない。

『クラウドブースター』のイメージ。外部接続可能なDBサーバ「PostgreSQLプラン」と組み合せることによりPostgreSQLを利用するアプリケーションを『クラウドブースター』で活用することができる。

『クラウドブースター』のイメージ

『クラウドブースター』はコントロールパネルから簡単な設定をするだけで使用することができる。コントロールパネルではブースター用サーバの利用上限数,利用する時間帯,1ヵ月単位で利用上限時間などを設定する。ECサイト構築ツール「EC-CUBE」⁠ブログ/CMSプラットフォーム「WordPress」にて動作確認済み。

料金は,ブースター用サーバが追加された時間単位で利用料金が発生する従量制課金。1時間あたり245円~と低価格で利用可能。その他の固定費用は一切発生しない。

※『クラウドブースター』は新専用サーバープラン「専用サーバー3G(スリージー)⁠のオプションサービスとして利用できる。

『クラウドブースター』利用例

[ケース1]ショッピングサイト
バーゲンや特別キャンペーン期間中にアクセスが集中するショッピングサイトで『クラウドブースター』を利用した場合,キャンペーン期間中のみブースター用サーバーが自動的に起動して負荷を分散。
[ケース2]スポーツ情報サイト
プロ野球の試合結果照会や動画配信など,シーズン中にアクセスが集中するようなスポーツ情報サイトで『クラウドブースター』を利用した場合,シーズン期間中のみブースター用サーバが自動的に起動して負荷を分散。

画像

このほか,大学受験の合格発表情報や就職情報を掲載するサイトなど,季節要因によってアクセス状況が著しく変化するようなサイトも『クラウドブースター』を利用すればピーク時の負荷状況を想定してサーバを用意する必要がなく,大幅なコストダウンが可能になるという。

カゴヤ・ジャパン⁠株⁠
URL:http://www.kagoya.com/

コメント

コメントの記入