ニュースリリース

エクセルソフト,PDFコンポーネントの最新版BCL easyPDF SDK 6.2をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

エクセルソフト⁠株⁠は5月26日,PDFアプリケーション開発コンポーネントBCL easyPDF SDK 6.2の販売を開始した。BCL easyPDF SDKはさまざまなプログラミング言語を使ってPDF文書の生成,編集を行うアプリケーションを簡単に構築できるプログラミングツールキット。

BCL easyPDF SDKはさまざまなアプリケーションからPDFを作成,編集(結合,回転,削除,分割,PDFの暗号化など)が可能なCOM オブジェクト。ミッションクリティカルなPDFサーバアプリケーションやデスクトップ アプリケーションの実装に最適とのこと。

新バージョンBCL easyPDF SDK 6.2ではPDF Printer API(PDF出力)にWordPrintJobExが新たに追加。Windows Vista以降で,MS WordのネイティブPDF出力機能によりWord文書をPDFに変換することが可能となった。またUnicodeファイル名(日本語,中国語,韓国語など)を完全サポート。PDFファイル操作を行うPDF Processor API,PDFフォームデータの挿入や抽出を行うPDF Document APIに含まれるすべての関数でUnicode (日本語,中国語,韓国語など) のPDFファイル名を扱うことができる。さらにPDF Processor APIに含まれるPDFProcessorHandleクラスにより,セキュリティ設定されたPDFをインメモリで暗号化(セキュリティ設定)および復号化(パスワード解除)することが可能になっている。

動作環境は以下の通り。

OS
Windows 2000(SP3またはそれ以上)
Windows XP,Vista,7,Server 2003,Server 2008(32/64ビット)
開発言語
Visual Basic 6.0/Visual C++ 6.0
Visual Basic .NET/Visual C# .NET/Visual C++ .NET
VBScript,ASP/ASP.NET
Java SDK 1.6.0_02またはそれ以上
PHP,ColdFusion,Perl,Python(PythonWinが必要)
その他COM/ActiveX/OLEをサポートする言語

価格と製品ラインナップは以下の通り。

製品名税込価格
BCL easyPDF SDK開発ライセンス68,250円
BCL easyPDF SDK配布ライセンス(デスクトップ)11,340円
BCL easyPDF SDK配布ライセンス(社内サーバ)341,250円
BCL easyPDF SDK配布ライセンス(Webサーバ)450,345円
 初年度は別途30%の年間サポート,メンテナンスの同時購入が必須。
年間サポート&メンテナンスには1年間の無償アップグレード,日本語によるEmailサポートが含まれる。
BCL easyPDF SDK
URL:http://www.xlsoft.com/jp/products/bcl_tech/easypdfsdk.html
エクセルソフト⁠株⁠
URL:http://www.xlsoft.com/jp

コメント

コメントの記入