ニュースリリース

スタジオマップ,月額1,575円からのWindows共用ホスティングサービスを提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠スタジオマップはマイクロソフト⁠株⁠と提携し,同社のホスティングサービス「SPPDレンタルサーバー」にて「Windows共用サーバー」サービスの提供を7月23日より開始することを発表した。

「Windows共用サーバー」サービスは,マイクロソフトの協力により,安定したWindows Server 2008環境を低価格な共用サーバとして提供するもの。今回のサービス開始を記念し,ライト5.0GBコースのセットアップ料(5,250円)と1年間の利用料(22,680円)⁠合計27,930円が無料となるキャンペーンを12月31日まで実施する。

「Windows共用サーバー」サービスの特徴は以下のとおり。

  • OSにWindows Server 2008(32ビット)を採用し,IIS 7.0と.NET Framework 3.5環境による「.NETのホスティング環境」を提供。
  • ASP/ASP.NET,PHP(FastCGI)やPerlの各スクリプトが利用可能。DotNetNuke,EC-Cubeなどの各種アプリケーションがインストールできる。
  • ユーザごとの専用アプリケーションプールを提供するため,他ユーザのプロセスで不具合が発生した場合も自ユーザへの影響が抑えられる。
  • データベースとしてSQL Server 2008とMySQL 5を標準で提供。SQL Server 2008のデータベースは外部からのODBC接続も可能。
  • メール環境(SMTP/POPサーバ)は,Linuxを採用している従来の「SPPDレンタルサーバー」と同等のサービスをLinuxサーバにより別途提供。メールウィルス駆除やメーリングリスト、メールの振り分けなどが利用可能。
  • 営業時間内(平日10:00~18:00)の電話サポートに標準対応。
SPPDレンタルサーバー:Windows共用サーバー
URL:http://www.sppd.ne.jp/win/
⁠株⁠スタジオマップ
URL:http://www.sppd.co.jp/

コメント

コメントの記入