ニュースリリース

日本ティーマックス,IBMメインフレームからオープン環境に再開発なしで移行可能なソリューション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本ティーマックスソフト⁠株⁠は,メインフレームで使用されていたプログラムを再開発することなくオープン環境への移行ができる,IBMメインフレーム用リホスト・ソリューション「Tmax OpenFrame 6.0」の提供を8月4日より開始した。

「Tmax OpenFrame 6.0」は,メインフレームの環境で運用されている業務やサービスを,再開発することなくオープンプラットフォーム上へ移行して運用することを可能とする。COBOL,PL/I,JCL(ジョブ処理言語)⁠データ,画面などの資産を修正せずオープン環境へ移行できる。

今回発売されたバージョンの新機能として,トランザクション処理ソフトIMS/DCや,階層型データベースIMS/DBをハンドルするプログラムに本格対応したことや,データセットへのアクセス制御機能の強化,各種ユーティリティの追加等が挙げられる。

同製品のバッチ処理の最小構成(本番機冗長,開発環境を含む)の価格は5,000万円(税別)から。バッチ・オンライン込の最小構成(本番機冗長,開発環境冗長を含む)の場合は1億1,000万円(税別)となる。

日本ティーマックスソフト⁠株⁠
http://www.tmaxsoft.co.jp

コメント

コメントの記入