ニュースリリース

KDDIウェブ,root権限付専用サーバ「カスタマイズエンジン」で構築・運用代行オプション「フルマネージドサービス」提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠KDDIウェブコミュニケーションズは9月21日,同社ホスティングブランド「CPI」のroot権限つき専用レンタルサーバー「カスタマイズエンジン」で,専用のサーバ環境を構築し,運用・保守等を同社が代行するオプション「フルマネージドサービス」を提供開始した。

一般的なroot権限付専用サーバは,Webサーバの設定やソフトウェアのインストールなど,すべてユーザ自身で構築・運用する必要があり,障害時もユーザが復旧作業を行わなければならない。一方,root権限のないマネージドタイプの専用サーバでは,構築・運用の手間や障害時のユーザによる対応が必要ないという利点がある反面,すでにサーバ環境が決められたサービスで,自由にアプリケーション等のインストールができないという制限があった。

今回提供の「フルマネージドサービス」は,root権限付専用サーバのroot権限を同社で預かり,サーバ環境構築から運用までを同社が行うサービス。インストールにroot権限が必要なソフトウェアを使用したい場合や,サーバの設定変更を行いたい場合なども同社で対応する。

同サービスでは,構築・運用できる内容がそれぞれ異なるスタンダード,ハイグレード,エクセレントの3種類のプランを設けた。ウェブやメール,データベース,FTP等,標準的なサーバ構築はもちろんのこと,上位プランでは3ヵ月ごとに負荷状況などを報告するサーバレポーティングや,年に2回実施するシステム脆弱性監査も可能。

自由度の高いサーバ環境上でコンテンツ制作のみに注力したいユーザや,技術者がいないためにroot権限付専用サーバーの導入を見送っていたユーザに最適とのこと。

またオプションとして,通常の二次復旧に加え,HDD障害が起きた際も初期環境構築状態まで復旧作業を行うフルマネージド二次復旧,指定のあったソフトウェアのインストール作業を行うソフトウェアインストール代行,現在利用中の他社環境からCPIに移行をする際に環境移行を代行するシステム移行サービスを新たに設けている。

フルマネージドサービスと対応する構築作業は以下の通り。


スタンダードハイグレードエクセレント
Webサーバ構築
メールサーバ構築
DBサーバ構築
FTPサーバ構築
サーバ保守・監視
サーバレポーティング
システム脆弱性監査
セキュリティ情報配信

料金(税込み)は以下の通り。

スタンダード
初期費用 47,250円
月額費用 31,500円
ハイグレード
初期費用 63,000円
月額費用 47,250円
エクセレント
初期費用 105,000円
月額費用 63,000円
「CPI」専用サーバー カスタマイズエンジン(root権限付)
URL:http://www.cpi.ad.jp/private/ce/
⁠株⁠KDDIウェブコミュニケーションズ
URL:http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

コメント

コメントの記入