ニュースリリース

グレープシティ,Silverlight4向け入力コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」を12月10日に発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ⁠株⁠は,Silverlight4向け入力支援コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J(インプットマン)⁠を12月10日に発売することを発表した。

InputMan for Silverlightは,日本の業務アプリケーションの入力支援コンポーネントとして17年に渡り培ってきたInputManの基本コントロールをもとに,Silverlight向けに新たに開発したコンポーネント。テキストやマスク(定型書式)⁠日付など用途別に機能を最適化した入力コントロールに加え,ふりがな取得や入力制限機能,および検証エラー通知機能などが提供される。

図1 InputMan for Silverlightを利用することで,日本の業務アプリケーションの入力時と表示時の書式を細かく設定できるようになる

画像

また,Silverlight/WPFプラットフォームに準拠した設計と構造をもっているため,以下のSilverlightの表現力をもつ高度なRIAシステムを開発できる。

  • テンプレートにより完全にカスタマイズ可能な外観
  • Silverlight Toolkitに準拠した5種類のテーマテンプレート
  • スタイルやデータバインディングに最適化されたプロパティ構造
  • コマンドによるショートカット機能およびフォーカス制御
  • データバインディング時に便利な日本使用の書式コンバーター
  • InputMan for WPF(現在開発中)との高い互換性

これにより,利用者に⁠入力⁠エクスペリエンスが提供され,開発者には高い生産性や保守性,品質を確保できるようになる。

図2 Silverlightアプリケーションでもリッチな入力制御が簡単に実現できる

画像

InputMan for Silverlightの1開発ライセンスの価格は,パッケージ版が126,000円(税込)⁠ダウンロード版が113,000円(税込)⁠

なお,開発環境,運用環境は以下の通り。

開発環境

開発ツールVisual Studio 2010 日本語版
+ Silverlight 4 Tools for Visual Studio
デザインツールExpression Blend 4 日本語版(必須ではありません)
開発言語Visual Basic,C#
OSWindows XP,Windows Vista,Windows 7,Windows Server 2003,Windows Server 2008,Windows Server 2008 R2 ⁠64bitのみ)

運用環境

フレームワークSilverlight 4
OSWindows XP,Windows Vista,Windows 7,Windows Server 2003,Windows Server 2008,Windows Server 2008 R2 ⁠64bitのみ)
ブラウザInternet Explorer 6/7/8,Firefox 3.0/3.5/3.6
InputMan for Silverlight 1.0J
URLhttp://www.grapecity.com/japan/inputmansilverlight/
GrapeCity inc.
URLhttp://www.grapecity.com/japan/

コメント

コメントの記入