ニュースリリース

電子書籍ストア「2Dfacto」,2011年1月12日オープン――DNP,NTTドコモおよびCHIの共同事業会社「トゥ・ディファクト」による電子書籍展開開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2011年1月12日,大日本印刷株式会社(以降DNP)⁠株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以降NTTドコモ)⁠CHIグループ株式会社(以降CHI)による共同事業会社「トゥ・ディファクト」は,電子書籍ストア「2Dfacto」をオープンした。

2Dfactoの展開と狙いについて述べる,株式会社トゥ・ディファクト代表取締役社長 小城武彦氏

2Dfactoの展開と狙いについて述べる,株式会社トゥ・ディファクト代表取締役社長 小城武彦氏

hontoを利用したスマートフォン向け電子書籍ストア

2Dfactoは,DNPがすでに展開している電子書籍サービスhontoを利用した,NTTドコモスマートフォンなどを対象とした電子書籍ストア。

発表当日には,NTTドコモのスマートフォンおよびブックリーダー7機種(Xperia,GALAXY S,GALAXY Tab,LYNX 3D,REGZA Phone,Optimus chat,ブックリーダーSH-07C)に対応しており,今後,順次対応端末を増やしていくとのこと。

2011年1月21日発売予定の電子ブックリーダー「SH-07C」

2011年1月21日発売予定の電子ブックリーダー「SH-07C」

XMDF,.book,BS Reader,JPEGなどのマルチフォーマットに対応

閲覧可能な電子書籍フォーマットは,XMDF,.book,BS Reader,JPEGなど,現在日本で展開される主要な電子書籍フォーマットに対応している。また,専用アプリを利用することで,レイアウトやフォントサイズの変更,購入した電子書籍の管理などが行えるようになっている。

通販と電子書籍のハイブリッドサービスや複数端末間でのしおり機能の実装も予定

さらに,2011年内中には,

  • 通販と電子書籍のハイブリッドサービス
  • 店舗とネットの共通ポイント
  • 書店での購入履歴を統合したハイブリッドリコメンドサービス
  • 店舗在庫,通販商品,電子書籍を一度で検索できる「総合検索サービス」
  • 書籍と電子書籍のハイブリッド商品の企画
  • 複数館端末間でのしおり機能による読み続き

といった新サービスや機能実装が予定されている。

電子書籍の読書イメージ

電子書籍の読書イメージ

コメント

コメントの記入