ニュースリリース

OpenOffice.org日本ユーザー会,NPO法人に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

OpenOffice.org日本ユーザー会は,⁠特定非営利活動法人 OpenOffice.org日本ユーザー会」⁠NPO法人OpenOffice.org日本ユーザー会)として2010年11月に法人登記を行っていたが,2011年の年明けを機に,NPO法人としての事業活動を開始することを発表した。

今回のNPO法人化の目的は,OpenOffice.orgをはじめとするオープンソースのオフィスソフトを日本語で利用しようとする場合のユーザ教育.サポート.国内外からの技術に関する情報の収集・提供,開発・利用者のコミュニティの支援等に関する事業を行い,その成果を社会に還元することによって,デジタルデバイドの改善を促し公益の増進に寄与すること。

上記の目的を達成するため3つの事業を行う。

  • 教育事業
  • 出版事業
  • ユーザーサポート事業

教育事業は,ユーザーグループや企業・団体のOpenOffice.orgなど国際規格のオフィスソフトの導入・教育に関する講習・セミナーを事業として展開する。

出版事業は,OpenOffice.orgなど国際規格のオフィスソフトの解説書等の出版物をインターネット上で公開し,電子出版物として配信する。Web上では無償,一括ダウンロードは有償配信の予定。

ユーザーサポート事業は任意団体の時代から続けているもの。Web上の掲示板・SNS・メーリングリストなどのコンテンツを通して,OpenOffice.orgなど国際規格のオフィスソフトのユーザーをサポートする。また,オフィスソフトの日本語環境を改善する「拡張機能」を開発し,ユーザーに提供する。今後は会費の一部をオープンソースのオフィスソフトを開発するコミュニティへ寄付することも検討中。

「NPO法人 OpenOffice.org日本ユーザー会」では,これらの事業を経済的に支援する賛助会員を募集する。賛助会員の会費は以下の通り。

入会金無料
個人の年会費1口1,000円(1口以上)
団体の年会費1口10,000円(1口以上)

年会費の会計年度は5月1日~翌年4月30日だが,2011年4月30日までに賛助会員を申し込んだ場合に限り,会員資格は2012年4月30日までとするとのこと。

会費の振込方法は以下のURLを参照。

OpenOffice.org日本ユーザー会
URL:http://oooug.jp/

コメント

コメントの記入